久々の薪割り
2017.12.23

 先日、山から伐りだして来たクリとクヌギの一部・・傷んで材料になりにくい部分や細い枝部分を薪用に整理しました。いつかやらなければと思いつつ毎年は遅くなってしまうのですが、今年は思い切って早めの薪割作業です。非力な薪割機を使うのですが、大切な薪にするときは、お気に入りのグレンスフォシュ斧で手作業です。久々なので、寒いのにもかかわらずもちろん汗をかきましたよ。
 上の画像は、クリの木を割っているところで、この後から高級薪になるクヌギを処理しました。
 生木のままでも、さすがにクヌギはクリに比べて、ずっしりと重さを感じます。・・・さすがですね。今から、焚くのが楽しみなのは私だけでしょうか。これまで比較的多かったウバメガシの薪には結構慣れていたのですが、クヌギもなかなか引け取らないですね。そのうえ素直に割れてくれて気持ちが良かった・・・(笑)
 

- CafeLog -