サクラ材の比較
2017.12.26

 大切な材料となるサクラの木を割れが入らないうちに半分に製材しました。
 見てください・・・山桜とソメイヨシノでは、これだけの違いがあります。画像の上が山桜で下がソメイヨシノです。山桜は芯の部分がピンク色していて、その面積も広いんです。木目だけで言うのであれば、ソメイヨシノの芯部分も木取りの仕方によっては魅力的な材料です。
 これまでもしょっちゅう、素材にしている木なのに、生木の製材時点で実際に比較して画像におさめたのは今回がはじめてです。
 山桜は赤みのきれいな建築材としてよく使われているのを見ますが、ソメイヨシノは、木が真っすぐになっていないものが多いせいか、あまり見かけません。いい山桜の材にするのには、一般の木と違って、9月末くらいに伐採し、山の中で葉枯らしてから運び出すといいってことを、以前に山師の方から聞いたことがありますが、伐採する時期によっても素材としていろいろな変化があるんですね。

- CafeLog -