出生記念のスプーン
2019.06.27

 赤ちゃんの出生時の記念品として町から贈るベビースプーンを松茂町からの依頼で、今年4月から製作のお手伝いをさせてもらっています。
 徳島県内での出生時の記念品等の贈呈は、有無も含めて市町村によってもまちまちのようなのですが、ベビースプーンを贈るといった取り組みは、ここ松茂町だけじゃないのかな・・。
 ベビースプーンを作る意味において、私的には孫のためとしてはもちろんのことなんですが、出産のお祝いや実際に使ってもらって喜ばれることのほか、こうした取り組みへの参加協力をしたいなぁ・・と、作り始めたころから思っていたんですよね。
 今回の製作協力・・・はじめはスプーンのみだったのですが、「名前が入ったらもっといいかも・・」などと話していたところ、ついつい名前はひらがなで縦書き、生年月日を西暦でレーザー彫刻で入れることになってしまいました(笑)

 

 全国的には、長野県でもこうした取り組みがあると聞いたことがありますが・・名前までを入れているのは他には無いのじゃないかと・・・。いずれにせよ少子化時代に、赤ちゃんの誕生による人口増は活力にも繋がりますし、町ぐるみで子どもたちを大切にしているのが伝わってきますよね。
 赤ちゃんのお母さんからも、ベビースプーンの評判は上々とのことで、製作する側としてもやりがいを感じています。小さいころから木の温もりに触れて、優しい心を育んでいただきたいと思います。
 
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ

- CafeLog -