ボウルガウジが増えました
2018.09.17
     

 木工旋盤でのターニングに関して・・・技術は、まだまだってところですが、これまでに、いっぱいいっぱい失敗やうっかりミスを繰り返しながら、それなりに上達しているかな。
 とりあえずは、お皿やお椀の形にはなっています(笑)・・それでも、自分のイメージを形に出来たときの喜びや素材(樹種)による色合いや木目の違い・挽くときの手ごたえ感など、木の持つの魅力を満喫しながら、とにかく楽しんでいますよ。
 そんな中で、基本フェイスワークに使用するボウルガウジを1本購入しました。刃物って何より大切なんですよね。中央にそびえ立っているのが今回購入したものです。ボウルガウジは3本持っているのですが小さいサイズで、深いものには無理があるような気がして・・・少し径の大きかったのが前々から欲しかったので、やっと・・。16mmサイズのものです。
 さっそく刃付けをグラインダーで行いました。使うのが今から楽しみなんです。

     
連休は木の器づくり
2018.04.30
     

 連休中に、展示会用のスプーンの添え物として、木のうつわを挽こうと・・・クリの40センチ級のを何枚かチェーンソーで挽きましたよ。さすがに50ccだと、早いです。

     

 そんでもって、さっそくサークルカット・・丸くしました。いちばん大きいのが直径30センチ程度・・・お皿のつもりが、少し厚めかな。
 連休中は、スプーン類はお休み・・こうして私は、お皿づくりと・・鳴門の海で、孫のお守りさんです(笑)
久々の旋盤
2018.04.29
     

 久しぶりの旋盤です。この時期にして生木を入手したので、イチかバチか・・・。
 小さいですが、なんとかなるでしょう(笑)

     
久々の薪割り
2017.12.23
      

 先日、山から伐りだして来たクリとクヌギの一部・・傷んで材料になりにくい部分や細い枝部分を薪用に整理しました。いつかやらなければと思いつつ毎年は遅くなってしまうのですが、今年は思い切って早めの薪割作業です。非力な薪割機を使うのですが、大切な薪にするときは、お気に入りのグレンスフォシュ斧で手作業です。久々なので、寒いのにもかかわらずもちろん汗をかきましたよ。
 上の画像は、クリの木を割っているところで、この後から高級薪になるクヌギを処理しました。
 生木のままでも、さすがにクヌギはクリに比べて、ずっしりと重さを感じます。・・・さすがですね。今から、焚くのが楽しみなのは私だけでしょうか。これまで比較的多かったウバメガシの薪には結構慣れていたのですが、クヌギもなかなか引け取らないですね。そのうえ素直に割れてくれて気持ちが良かった・・・(笑)

       
ストーブ焚いてます
2017.11.08
 例年よりは、少し早めなのですがストーブを焚いています。
 朝は10度をきる日があったり、10月は雨が多かったので洗濯物もなかなか乾かなかったりで・・・それに何よりも炎を見ると落ち着いた気分にしてくれるので・・。
 まだまだ、ほどほどに焚いていますが(笑)

         

 そういえば、去年は、前面の耐熱ガラスが割れたんですよ。通常そんなことありえないのですが・・。
 しばらくご無沙汰していた「薪おじさん」(ストーブを設置してもらった)に連絡すると即刻手配していただけました。おまけにスプーンづくりの話の中で、材料になるメープル・ブラックウォールナット・山桜の完全乾燥した木をいただきました。早速に素材ごとに試作して、できあがったのを何本か送らせていただきました。ありがたかったです。
 今年は、焚く時の燃焼温度の管理も含めて初心に帰ったつもりで気を付けたいと思っています。

- CafeNote -