梨の木のベビースプーン
2019.05.01

 今日から「令和」元年がスタートです。新しい時代の幕開けです。そして、当工房はと言いますと、梨の木を素材にした食べさせ用(離乳食用)ベビースプーンの製作を本格化させています。名前はもちろんお誕生日も入れました。
 幅が約2センチとしていますが、お食べ初めのときには大きめかも・・。でも、ママに食べさせてもらう1年間くらいはこれ一本で大丈夫。
10連休なんです
2019.04.30

 今日で「平成」に幕が下り、いよいよ明日からは「令和」の新時代を迎えます。10連休なんですが、私は暇なしのスケジュールです。
 梨の木のベビー用にカレースプーン。ケヤキのカレー用は、展示会用です。仕上げのサンドペーパー掛けは相変わらず手作業・・・この手作業の目と手の感覚で最終の形づくりをして仕上げます。これがいいかどうかはわかりませんが(笑)
鉄染め試しました
2019.04.21

 クリの木のスプーンや器に鉄染めを試してみましたよ。
 小さな器とカレースプーン。それから珈琲メジャーにレンゲです。正式な名称としては、こういった染め方を鉄媒染(てつばいせん)って言うんだそうです。
 鉄の鋸刃や古くぎで作っていた鉄の成分が混ざっている溶液を刷毛塗りして、真っ黒といいながら、染まりにくいところもやっぱりあるようです。素手のままで塗ったので、手まで染まって爪の中も真っ黒(笑)。仕上げが楽しみです。
梨のスプーンづくり
2019.03.03

 細い梨の木で形どりしていた先日の素材を削って、サンドペーパーで仕上げました。これがですね・・自慢の手作業なんですよね。微妙な厚みを手の感覚で確かめながら、最後に目で見て皿部分の楕円を作り出します。
 ベビー用のスプーンとカレースプーンです。以前に作ったものより色あいが薄めなような気がします。それから、乾燥しているとは言いながら、木が若くて細い分・・・柔らかいような・・。でも、梨の木独特の木目の細やかさは感じられます。それに、サクラよりは軽いんです。2月に確保した梨園の木が乾燥して、本格的に作ることになると思うのですが、とりあえずお試しってことで(笑)
 それにしても、あっという間に2月が終わってしまいましたね。やることがいっぱいで・・なんか焦り気味です。
梨の素材が待ち遠しい
2019.02.22

 梨の木は、元気そうでも芯のあたりは弱いんですね。木によっては芯まで生き生きしているのもあるんですが全体の3分の1くらいでしょうか。それでも、梨園解体からの調達は、すでにKTで4車分はできました。
 待ちきれずに、試験的にスプーンの縦部分を挽いて乾燥中です。
 下の写真は、筋に逆らわず縦割りをしたものですが、なかなかのいい材でしょ。きれいな木目が出そうな予感がして今から楽しみです。

 こちらは、いっぱい・いっぱい乾燥した梨の木です。細いんですが、それでもカレースプーンは十分にとれますよ。ベビースプーン用にも使いたいと思っています。仕上げるのが、こちらも楽しみなんです。

- CafeLog -