デザートスプーン
2021.03.13

 サクラの木のデザートスプーン完成です。試作を繰り返して何とかものになりましたか(笑)
 結局は、サイズ的に径は約4.0cm、長さ18cm。柄は少々角度をつけてあります。
 お皿の部分から柄にかけてを滑らかに仕上げているのが特徴です。す~っと口に入るスプーンです。カレーだって、もちろんご飯だけでもいい感じだと思っています。でも、薄く仕上げているので乱暴には扱わないでほしいんです。
 
 

クリの木スブーン
2021.01.22

 クリの木のスープスプーンの皿部分を彫刻刀で・・・。小刀と彫刻刀で形成して、後はサンドペーパーで仕上げます。ナイフ仕上げもすることはあるのですが、通常はツルツルに仕上げてます。
 そうそう、さっき佐那河内村の知人が訪ねてきてくれて、径60cmほどのサクラはいらないか・・・。ぜひともお願いしますと(笑)
 今年はサクラの入手が出来てないので、嬉しかったです。しかも、伐採して持ってきてくれると言うんですよ・・本当に申し訳ないです。感謝・・。
クリの木スープ用
2021.01.17
 

 クリの木のスープースプーンが在庫不足なんです。サクラは色あいや木目が様々なんですが、クリの木も素朴で味わいがあるんですよね。
 スープ用は、カレー用と比べて皿部分に深さが必要なので厚め・・・柄の部分の角度も大きめです。今日挽いているのは木目がはっきりとした素直なクリなので、完成後が楽しみです。
年の瀬に整理してます
2020.12.30

1年が早く感じられるのは、歳のせいでしょうかね(笑)
今年も、いっぱいスプーンを作りましたが、今年はこれで仕事納めします。
12月に入ってのレンゲや梨の木の食べさせスプーン等々。あと、材料の整理をして、来年用にスプーンの木どりしておきます。お正月はアキニレの生木があるんで何枚か中皿を挽きたいですね。
またレンゲ作ってます
2020.12.13
 

 また、レンゲの在庫がなくなり急いで形どりしています。レンゲは深さがあって、掬いやすくなるように皿部分から柄の部分までの角度をつけているの、材料にも厚みが必要なんですよね。・・・だから、大きなクリの材だなって思っていても少々しか作れないんです(笑)
 やっぱりこの時期は、温かい鍋とか湯豆腐とか・・レンゲさんも大活躍の季節なのかなぁ。ついこの間も作ったようなきがするのですが、もっと多く作っておけばよかったと・・・とにかく頑張ります。

- CafeLog -