まつしげまるしぇワークショップ
2019.10.01

 秋にワークショップを考えていたら・・毎月実施している「まつしげまるしぇ」の会場で、梨の木を使ったスプーン作りワークショップのお手伝いをすることになりました。上の写真・・右側がスプーンの素材。左側がその素材をナイフで削りサンドペーパーを掛けたばかりの製作途中のスプーンです。
 10月27日(日曜日)に同実行委員会が主催して行うのですが、私は、その梨の木でスプーンの素材づくりと準備を担当・・、あとは当日のお手伝いです。詳細は以下のとおりですが、事前の申し込みが必要で定員もあるので、参加ご希望の方は、お早めに「まつしげまるしぇ実行委員会」まで申し込んでいただけたらと思います。たぶんですが、完成したスプーンは他にはない自分だけの宝物になると思いますよ。
 そうそう、夏匙工房だけだと、この参加料ではできないですよ(笑) 


右は乾性オイルで仕上げ・・完成です。



まつしげまるしぇ「梨の木スプーン」ワークショップの開催

 曲線的なやわらかいスプーンの形状とすくう部分のお皿をあらかじめ彫って成型してある材料から、サンドペーパーだけを使って、ひたすら削って仕上げていただいてもいいし、小刀を使って、よりオリジナル性を出してもらってもいいと思います。
 誰にでも、本格的な木製スプーンの手作り体験を楽しんでいただきながら、それぞれのイメージに合ったマイスプーンに仕上げていただきます。  


日 時:2019年10月27日(日) 
    午前の部 9:30~11:30  午後の部 12:00~14:00


場 所:まつしげまるしぇ会場 徳島県運転免許センター前特設会場(駐車場併設)

参加料:お一人1,000円   ・長さが約16cm、幅約3.5cmで、梨の木である程度成形した素材(1本)
            ・サンドペーパー80番・400番
            ・小刀(クラフトナイフ)無料貸し出し
            ・仕上げは乾性オイル(亜麻仁油)を用意
                                ・参加料は保険料込みです


対 象:小学生以上(ただし、小学生の場合は保護者同伴のこと)
    <予約制になっています> 各回の定員は20名まで


 材料をお渡しし、スタッフが基本的な作り方を説明しますので、あとは各自で仕上げていただきます。ナイフを使って削りたい人には貸し出しをしますので、お申し出てください。ただし、小学生の場合は保護者が使うことが条件です。
 作業工程として2時間程度を目処としています。最終の仕上げは、乾性オイルを塗り込んで完成です。


               
お問合せ・お申込み先:まつしげまるしぇ実行委員会
      〒771-0295 徳島県板野郡松茂町広島字東裏30番地
                        事務局・松茂町チャレンジ課内
                        TEL・088-699-8711

- CafeLog -