木の整理
2017.12.31
      

 今年中に何とか木の整理を完了させました。
 藍住と鳴門に分けて・・材料にするのは半割りにしてこんな感じで、置き場に不自由しているので、いろんなところに分けて乾燥させてます。落ち着いたら樹皮も剥がしたいのですが・・それで2年~3年くらいは乾燥させたいですね。薪割りも1トン程度割り終えました。クヌギにサクラ、それにクリです。
 来年は、新しいスプーンも3種類くらい商品化して増やす予定です。今、ご期待ってところです。
 それでは、皆さん良いお年(2018年)をお迎えくださいね。
サクラ材の比較
2017.12.26
 

 大切な材料となるサクラの木を割れが入らないうちに半分に製材しました。
 見てください・・・山桜とソメイヨシノでは、これだけの違いがあります。画像の上が山桜で下がソメイヨシノです。山桜は芯の部分がピンク色していて、その面積も広いんです。木目だけで言うのであれば、ソメイヨシノの芯部分も木取りの仕方によっては魅力的な材料です。
これまでもしょっちゅう、素材にしている木なのに、生木の製材時点で実際に比較して画像におさめたのは今回がはじめてです。
 山桜は赤みのきれいな建築材としてよく使われているのを見ますが、ソメイヨシノは、木が真っすぐになっていないものが多いせいか、あまり見かけません。いい山桜の材にするのには、一般の木と違って、9月末くらいに伐採し、山の中で葉枯らしてから運び出すといいってことを、以前に山師の方から聞いたことがありますが、伐採する時期によっても素材としていろいろな変化があるんですね。
ケーキフォークの感想
2017.12.25
   

 ケーキフォークの試作を試してもらった若い女性モニターの方から、画像を送ってもらえました。
 何回もケーキの種類を変えて試食してくれたようで・・・・・感謝、感謝です。
 して、その感想はと言えば、サイズ的には女性の口にも優しいとのこと。
 でも、フルーツを突き刺すのは通常のフォークのほうが勝っているのと・・・何となくわかりますねぇ。ケーキをカットするのは、通常のとそんなに差がないと言うことでした。
 結果としては、お洒落で食べやすい・・とお褒めの言葉。普通のフォークで食べるのと違ってスポンジの部分も含めてこぼれにくいので、これなら大丈夫だと言うことでした。
2017.12.25 09:26 | 固定リンク | スプーンづくり
久々の薪割り
2017.12.23
      

 先日、山から伐りだして来たクリとクヌギの一部・・傷んで材料になりにくい部分や細い枝部分を薪用に整理しました。いつかやらなければと思いつつ毎年は遅くなってしまうのですが、今年は思い切って早めの薪割作業です。非力な薪割機を使うのですが、大切な薪にするときは、お気に入りのグレンスフォシュ斧で手作業です。久々なので、寒いのにもかかわらずもちろん汗をかきましたよ。
 上の画像は、クリの木を割っているところで、この後から高級薪になるクヌギを処理しました。
 生木のままでも、さすがにクヌギはクリに比べて、ずっしりと重さを感じます。・・・さすがですね。今から、焚くのが楽しみなのは私だけでしょうか。これまで比較的多かったウバメガシの薪には結構慣れていたのですが、クヌギもなかなか引け取らないですね。そのうえ素直に割れてくれて気持ちが良かった・・・(笑)

       
試作フォークはこんな感じ
2017.12.19
       

 この前から考案してきたケーキ用のフォークの試作品がとりあえず完成しました。
 3回くらい型紙を作り直して出来たのが、こちらの白っぽい色(素材はツバキ)のほうです。商品化するには、もう少し形を確立しなければならないと思っています。
 色が濃いのは試作1号としてサクラ素材で、片側の歯だけ幅を広くとって作ったものだったのですが、デザイン的にもう一つだったので、削り直して通常のフルーツ用に使えるフォークに変更したものです。どちらかと言えば、色合いも生クリームのケーキだと、白っぽいのより色合いの濃い方が似合うかもしれません。
 さっそく、3人ほどの女性モニターの方に使っていただき感想を聞かせていただけるようにお願いしています。
 来春には商品化できるように頑張ってみますね。
2017.12.19 08:49 | 固定リンク | スプーンづくり

- CafeNote -