出生記念のスプーン
2019.06.27

 赤ちゃんの出生時の記念品として町から贈るベビースプーンを松茂町からの依頼で、今年4月から製作のご協力をさせてもらっています。徳島県内でも、出生時の記念品は市町村によってまちまちなんですが、ベビースプーンを贈るといった取り組みはここ松茂町だけのようです。
 ベビースプーンを作る意味において、私的には孫のためとしてはもちろんのことなんですが、出産のお祝いや実際に使ってもらって喜ばれることのほか、こうした取り組みへの参加協力をしたいなぁ・・と、作り始めたころから思っていたんですよね。
 今回の製作協力・・・はじめはスプーンのみだったのですが、「名前が入ったらもっといいかも・・」などと話していたところ、ついつい名前はひらがなで縦書き、生年月日を西暦でレーザー彫刻で入れることになってしまいました(笑)、
 全国的には、長野県でもこうした取り組みがあると聞いたことがありますが・・名前までを入れているのは他には無いのじゃないかと・・・。いずれにせよ少子化時代に、赤ちゃんの誕生による人口増は活力にも繋がりますし、町ぐるみで子どもたちを大切にしているのが伝わってきますよね。
 赤ちゃんのお母さんからも、ベビースプーンの評判は上々とのことで、製作する側としてもやりがいを感じています。小さいころから木の温もりに触れて、優しい心を育んでいただきたいと思います。
 
 
島原のお素麺
2019.06.21

 昨年、長崎のお客様から頂いた島原のお素麺が美味しくて、直接送っていただきました。南島原市の板山製麺所さんのお素麺・・・お客様のご実家ということで、細うどんとお素麺を送っていただいたのがきっかけです。
 お素麺と言えば、徳島でも半田とか、近くでは小豆島や淡路があって有名なんですが、わざわざなんで島原なのかと・・それだけに口にしたときの感触が良くて、その味に加えて腰があるんです・・上手く表現できませんが、とにかく我が家では人気です。これまで、産地が有名だからと買って「何・・これは・・」失敗した経験が幾度かあるんですよ(笑)
やっぱり産地はともかくとして、いいものは製麺所の作り手さんによるのでしょうね。いい作り手の方との接点ができて嬉しいような気がしています。
 今回は5キロ入りを3箱送っていただきました。


2019.06.21 19:25 | 固定リンク | その他 | コメント (0)
樹皮がとれた器
2019.06.18
   

 この前、生木のサクラ材で挽いたの器の樹皮部分が見事にまくれあがってしまいました(ショック・・・)
急激に乾燥が進んだせいで樹皮がその伸縮についていけなかったみたいです。けっこう大き目(径26cm)のサイズのボールだったのですが・・・ほんとうに残念です。
 そのままにしててもいいかなと思ったのですが、樹皮をとってしまうことにしました。結果的に、深さが1cm程度浅くなりましたが仕方ありません。アクセントが無くなったみたいで何か物足りない感じがするかな(笑)エッジ部分をサンドペーパー掛けして仕上げていきたいと思ってます。
器づくりと梅干し
2019.06.16

 久しぶりの器づくりです。サクラの生木を使って・・径が26cmくらいかな。梨の木は22cmくらい。大きめの径に深さがある器だと、今の旋盤だと安定感とパワー不足を感じずにはいられません。使い方が少々乱暴なのかもしれませんが・・・。
 

 それから、梅酢があがってきたので、シソを・・・。まずは、シソを塩もみ・・・・アク抜きを十分して・・結構手間がかかります。時間があるうちにやっておかないと、面倒になるんですよね(笑)
 
 
2色のクリの木スプーン
2019.06.12

 クリの木スプーンの鉄染めなんですが、前回作ったのは全部染めて真っ黒にして・・。真っ黒なだけに、何に使うかが問題だったのですが、展示会の時にお客様から、一部分だけ染めてみたらどうかと・・ご提案をいただきました。
 皿の部分をそのままにして柄の部分だけ染めてみることにしました。境目をもう少しシャープにしたらいいかなと思っているところですが、とりあえず試作です。なかなかいい感じです。
 左の2本がスープ用、右端がカレースプーンです。次はティースプーンもいいかなと・・。興味があってご要望があればオーダーも承りますよ(笑)

- CafeLog -